チャートの動きを認識しよう♪ 「上」「横」「下」の三種類しかない!

 

 

株、FX、仮想通貨など、取引が行われている対象すべてに「チャート」があります。

チャートはこれまでの売り買いの履歴を現したもので、横軸を時間、縦軸を取引価格に表示したものだ。

 

今回お伝えしたいのは、

『チャートの動きは「上」「横」「下」の三種類しかない!』ということです。

 

どのチャートを見ても、全て

大きい「上」「横」「下」の動き、

中くらいの「上」「横」「下」の動き、

小さい「上」「横」「下」の動き

に分解できます。

 

なので、まずはトレードをしてみようと思う対象、例えばFXだったらドル円でもいいので、

現状がどの動きなのだろうか?

というのはまず明確にすることが大事だと思います♪

 

ざっくりいうと、

大きい動きは「月足」で、

中くらいの動きは「週足」で、

小さい動きは「日足」

で、まずは分析してみる。

この練習を繰り返すことで、「今、どの流れの中にいるのか」が

分かるようになる。

つまり、「チャートが読めるようになる」

ので、ポジションをとるタイミングが掴めるようになります。

 

冒頭にチャートを載せてみましたが、

まあ、ざっくりこんなに風にまずは

「上」「横」「下」を意識するのが大事かなと思います。

 

「こんなの誰でも分かるよ!」と思われるかも分かりません、

実際には、「なんとなく分かってる状態」と「意識して認識している状態」では

トレードをする上で雲泥の差が結果に出るはずです。

 

今回は、こんな感じで

次回は、私がトレードをする上で重視しているテクニカル指標である

「移動平均線」について書いてみようと思います。

それでは、また明日です♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です