Python 始めました! とりあえず、触ってみた。(タプル?リスト?)

こんばんわ! らぼおです。

久しぶりの投稿になるのですが、最近自動売買をやりたいと思い、

適当にググったらどうやらPythonというプログラミング言語を学ぶ必要があるということで

興味もありましたし、勉強を開始しました。

自動売買をPythonを用いて行えるようになることが目的ですが、

とりあえず、Pythonを触ってみました。

これから少しずつ勉強していこうと思います♪

ということで、これまたググったら、

ANACONDAというPythonのプログラミング開発を行う開発環境をインストールするのがいいよ

ということで、さっそくインストールしてみました。

このANACONDAの中の「jupyter notebook」という対話形式の開発環境を使って

これから勉強していきます♪

インストール方法などは、ググったらいくらでも出てくるので、興味ある方は是非やってみてください。

インストール自体は5分もかかりませんでした^^

色々触ってみたのですが、

今日は「タプル」と「リスト」というものについて、触れていきたいと思います。

「タプル」って何? 「リスト」って何?

まず、Pythonでは、変数と呼ばれる「箱」のようなものに、

数字や文字を入れることができます。

何のために? とかは置いておいて、いずれ自動売買で必要になるので、

とりあえず理解することにします。

どうやら「箱」には種類があって、大きく3つあるそうですと。

①タプル
②リスト

?????

ということで、一つずつ触っていこうと思います。

タプル???

「タプル」は一言でいうと、「書き換えできない箱」です。

以下のように触っていきますね。

例えば、

「t」という名前の箱を作って、そこに1,2,3という3つの数字を入れると考えたときに、

——————————————————————————
t = (1, 2, 3)
——————————————————————————

このように()で数字を囲って、「t]という箱に「=」を使って代入します。

で、「t」という中身を見ると、

——————————————————————————
t
→(1, 2, 3)
——————————————————————————

と、しっかり代入されています。

で、この「t」という箱の中に

0番目は「1」

1番目は「2」

2番目は「3」

が入ってる状況です。

あれ? 0番目??  と思った方がいるかと思いますが、

pythonなどのプログラミングでは、この「〇〇番目」という箱の中の住所のようなものは

「0」から数えることになっているのです。

あまり深く考えず、そういうものだと思えばいいかと思います。

では、せっかくなので、「t」箱の0番目が知りたいとなってときに、

どうアクセスすればいいのかいうと、

——————————————————————————
t[0]
→1
——————————————————————————

このように[]の中に〇〇番目を入れるだけです。

ではでは、次は「t」箱の0番目の数字を「100」に変えたい! と思ったら、

——————————————————————————
t[0] = 100
t[0]
→TypeError: ‘tuple’ object does not support item assignment
——————————————————————————

ということで、エラーが発生してしまいました。

そういうことです。

タプル形式の()で囲った数字は、後から数字を変えたくても変えられないのです。

そこで、「リスト」を使えば、これが可能になるのです。

「リスト」は一言でいうと、「書き換えできる箱」です。

例えば、タプルのときと同様に

「l」という名前の箱を作って、そこに1,2,3という3つの数字を入れると考えたときに、

——————————————————————————
l = [1, 2, 3]
——————————————————————————

このように[]で数字を囲って、「l]という箱に「=」を使って代入します。

「タプル」は ()
「リスト」は []

それでは、「l」という中身を見ると、

——————————————————————————
l
→[1, 2, 3]
——————————————————————————

と、しっかり代入されています。

で、これもタプルのときと同じで、この「l」という箱の中に

0番目は「1」

1番目は「2」

2番目は「3」

が入ってる状況です。

では、0番目にアクセスしてみます。

——————————————————————————
l[0]
→1
——————————————————————————

これもタプル同様、このように[]の中に〇〇番目を入れるだけです。

ではでは、次は「l」箱の0番目の数字を「100」に変えたい! と思ったら、

——————————————————————————
l[0] = 100
l[0]
→100
——————————————————————————

となり、書き換えができました。

まとめると、

タプル   :    書き換えできない箱
リスト   :    書き換えできなる箱

です。

こんな感じで緩く、少しずつアップしていきますね♪

それでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です